雪おろし

行ってきました ひるがの高原

天気予報に雪マークが頻繁に出るようになり

雪おろしのため ひるがの高原へ行くことに!!!

途中 大和インターを出たあたりは まるで雪は見当たらず。
201312261.jpg 
天気がとってもよく 快適です。

順調にR156を北上 平日ということもあって スキー客の車が少ない。

しかし さすがひるがの高原 

201312262.jpg 201312263.jpg
標高が高くなるにつれ 気温は0度に近づき 

道の両脇には雪の塊が出現 そして日陰部分は路面凍結

201312264.jpg 
こうなると もうノーマルタイヤでは無理です 4WDの出番です。

圧雪状態を走り るりはに到着
201312265.jpg 
手前からの風景 

しかし 到着してみると 建物に入るアプローチが雪で埋もれて どうにもならず!

201312266.jpg 
かんじきを履き 30分ほどかけて建物の入口に到着。


その後 テラスの横など 雪を退かして 作業終了。

そして テラスでコーヒータイム
201312269.jpg 
出来上がった自家製ホシガキを食べ 最高のひと時
201312268.jpg

テラスから見える 真っ白な雪景色
201312267.jpg 

これから 長い長い冬の始まりです。
 

パソコン入れ替え

やっと ここまでたどり着きました!

OSをXPから7に変えたため 順次 ソフト ファイルを移し替えているのですが

これがまた大変な作業。

見慣れない画面のため 手が止まってしまう時間が多々発生。

でも やっとこさ ブログの更新までたどり着きました。



ひるがのるりはの近況報告
201312191.jpg  201312192.jpg
積雪80cmを超えました。

本格的に 真冬です。

伊勢志摩

いよいよ その日がきました。

第8回 ヒストリックカーミーティング in 伊勢志摩

早朝 5時半 自宅ガレージにて待ち合わせ

そして 合流
201312121.jpg 自宅前にて
とにかく寒い フロントガラスなし 幌なし ヒーターなし

オープンのままで 2日間を走りきらなくてはならない

最後まで 体が持つのだろうか 心配!

いざ 出発!!!



道中 順調に走ることができ 集合場所に一番乗りか?
201312122.jpg 

早々に受付を済ませ 受け取ったゼッケン張り
201312123.jpg 

オーナー自ら慎重にゼッケン張り


車両の待機場所を散策中 顔見知りのエントラントの方たちに久しぶりにお会いでき
つのる話に花が咲き あっという間にスタート時間到来

そして いよいよ イベントスタートの時がきました。
201312124.jpg 
マーシャルカーが先陣をきって スタート

201312125.jpg 
数台前の車が スタート

201312126.jpg 
他の参加車両と くっついたり 離れたり とても楽しい時間です。
 
201312127.jpg 伊勢神宮 到着
普段は入ることが出来ない場所に 特別に全車駐車
凄すぎです しかも60台ちかくも さすが ヒストリックカーミーティング



そして1日目終了
201312128.jpg 参加車両は ホテルの地下の駐車場で待機
参加者はワイワイがやがやと 着飾って クリスマスパーティ


ここからは いろいろと忙しくなり カメラは そっちのけになりました

2日目の昼食場所
201312129.jpg 

ここでも 豪華な昼食 コース料理でした
優雅 優雅!!!


つづく


 

るりは

るりは 年内最後の営業日

ちょっと お散歩で ひるがの高原スキー場を覗いてきました
201312011.jpg 
積雪はまだまだですが すっかり 冬景色

そして 新しくリフォームした るりはのテラスからの眺め
201312012.jpg 
なかなか いい眺めです 珈琲がおいしく感じられました。

来年は 雪の状況をみて 再開の時期を決めたいと思っていますので
 
宜しくお願いします。



そして 来週の土曜日・日曜日は楽しみなビッグイベント参加
201312014.jpg 
第8回 ヒストリックカーミーティング in 伊勢志摩

今回は イベントのスタッフとしてのお手伝いではなく

知り合いの方のナビゲーターとしての参加です。

参加車両は
201312015.jpg 
1953式 オースティン ヒーレー100

この車両の助手席で コマ図片手に 二日間を楽しむつもりです。

一週間後 楽しい報告ができることを祈って

ただいま準備中!!!




プロフィール

ruriha96

Author:ruriha96
標高920mの高原に
位置する < るりは >
大自然の山々を一望できる
オープンデッキ
さらに見わたせば
すべてが檜のログハウス
夏はデッキで 冬は薪ストーブのある室内で
のんびりと くつろいで頂けます

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ruriha
検索フォーム