リフォーム!

ひるがの高原 暖かくなったり 寒くなったり。
気温が落ち着かないため 薪ストーブはまだまだ フル稼働です。

今 るりはでは 車庫のリフォーム真っ只中。
201004271.jpg 
今までセブンを入れていた車庫の大改造です。
セブンの大きさに合わせて造ってある為
車庫の奥行きがZ4では小さすぎるので 奥行きを伸ばすことに。
そして ついでに正式な屋根を造ることに。
しかし 初めての製作の為 試行錯誤の連続
垂木の寸法はいくつがいいのか 角度は何度がいいのか
屋根には なにを張ったらいいのか わからないことばかり。
でもでも 自分で造っていると 雑ではあるが
どんどん愛着が湧いてきて はやく MyZ4を入れてみたくなります。
ゴールデンウイークまでには 完成させなくては!!!
ゴールデンウイークには お蔭様で 連日予約が入っているので
駐車場の確保の為にも 完成させなくては!!!

満開

ひるがの高原 朝から 晴天。
雪もほとんど解け 湿地のあちこちで ミズバショウが満開です。
201004241.jpg 

るりはの庭の山野草も 順次咲き始め
楽しみが増えてきました。
庭のあちこちが 今年の大雪で痛んでしまい 
これから少しづつ 手直ししなくては!!!

ツーリングシーズン到来!

ひるがの高原もやっと春到来です。
朝はちょっと寒く感じられましたが 日が昇るにつけて
気温が上がり 絶好のツーリング&オープンカー日和になってきました。

朝のるりはのオープンとともに オープンカーが 入れ替わり 立ち代りに
来店され 久しぶりに楽しませて頂きました。
極めつけは 北陸方面からおこしのグループの方たちでした。
201004181.jpg  201004182.jpg
201004183.jpg 
私がちょうど青春していたころの 憧れだった車が
次から次えと駐車場に停められ 仕事を忘れて下まで車を
見に行ってしまい ちょっと顰蹙をかいました。
先週のコッパデ小海の感動が 今日また蘇ってきたようでした。
そしてさらにもうひとつのサプライズ!
るりは始まって以来の出来事
1日に2台のアルピーヌ110が来店されたこと。
201004184.jpg  201004185.jpg
これにはさすがに驚きです。

今日 来店された車はちょっと気になる車たちに 後日UPさせて頂きます。
カフェるりはへはこちらからrogo_20100415235532.jpg

コッパデ小海参戦日記 パートⅡ!

 コッパディ小海参戦日記 パートⅠのつづきです。

ドライバーズミーティングまでの時間がたっぷりある為 参加車両を見て回りました。

ほとんどの車を見てまわりましたが 名前すら判らない車両がいっぱい!!

でも 眺めているだけで ため息がでてしまいそうになる車両がいっぱい!!

ひとまず 写真だけはパシャパシャ撮ってきました。

201004151.jpg 

そしていよいよ われわれのスタートの時間が迫ってきてちょっと緊張。

今回は勉強不足の為 レギュレタリーランといわれても要領がさっぱり判らず!

ただひたすら前を走っている車に付いて行くだけ。

ただ 途中にセッティングしてあるタイムトライアルには 参りました。

40mを15秒 ・ 30mを10秒 などなど!!!

ストップウオッチは用意したものの オンタイムで走ることは不可能!

完全にあきらめ ドライバーと2人で車の中で

10・9・8・7・・・・・・2・1 と声をだしてカウントダウン

こんなんで 1/100秒を競うなんて不可能! 思わず 笑っちゃいました。

とにかく 雰囲気だけでも楽しもうと 沿道で観戦している方たちに手を振ると

向こうからも 必ず手を振って返してもらえるこの瞬間が

たまらなく 心が和らぎました。 そして 無事にゴール!!!

夜は ちょっとだけお洒落をして 表彰式及びウェルカム・パーティー

表彰式といっても まったく無縁の為 ただひたすら食べるのみ!

201004152.jpg 

同じテーブルでご一緒したアルファスパイダーの方と のんびりと食事タイム。

すると 予期せぬハプニングが!!!!!!!

「ゼッケン〇〇の〇〇さん ゼッケン〇〇さん」

な な なんと 私たちの名前がステージから呼ばれているでは ありませんか。

これはまずい!!

なにか まずいことでもやってしまって 怒られてしまうのか?

 しかし よく聞いていると なにかの表彰みたいなので とにかく表彰台へ。

結果は 〇〇クラスのブービー賞

初参加で賞を頂ければ たとえブービー賞でも嬉しいものです。

そして 一夜明け 2日目はヒルクライム&ツーリング。

私たちはというと 無事に自走にて名古屋まで帰りたい為 ヒルクライムは諦め

ゆっくりとツーリングに徹しました。

201004153.jpg 名古屋からご一緒した方のヒルクライム

201004154.jpg 1963 ロータス7 S-2 コスワース

楽しい楽しい 2日間があっという間に過ぎ去り

貴重な思い出がいっぱい出来ました。

機会があれば また参加したいものです。

カフェるりはへはこちらからrogo_20100415235532.jpg

 

コッパディ小海参戦日記 パートⅠ!

「第20回 コッパディ小海」 とっても楽しかったけれど とっても疲れました!
当日の朝 3時半に一宮ICを自走にて出発
ご一緒するグループの方たちとの待ち合わせ場所 諏訪湖SAに向け
順調なる滑り出し!
高速道路は47年前に製造された車をいたわり 90Km/hから100Km/hにて走行
201004141.jpg 
今回 ナビとしての参加のため 気分は遠足気分 ワクワク!
 そして なんのストレスもなく 待ち合わせの諏訪湖SAへ到着
201004142.jpg  201004143.jpg
ここからは 目的地の場所が始めての為 後ろを着いていくことに

201004144.jpg 
古くとも さすがにポルシェ 遅れることもなく 隊列の後ろから順調に走行

小海町が近ずくにつれ 色々な楽しそう(?)な車が増え始め
あっちを向いてはキョロキョロ こっちを向いてはキョロキョロ!
はやくも この時点でテンションがアップ!
現地に着いたら 大変なことになりそうでした。

そして 無事に会場となる 小海リエックスホテルに到着
スタッフの方に誘導され 車両保管場所に車を停め
周りをキョロキョロすることに!!!
201004145.jpg 201004146.jpg 201004147.jpg 201004148.jpg
201004149.jpg 2010041410.jpg
(まだまだ画像はいっぱいありますが ありすぎて選べません)


日記のつづきは パートⅡにて・・・

無事に帰還!

楽しい2日間を満喫して 自宅に無事たどり着きました。

初日は天気に恵まれ 絶好のイベント日和!

201004111.jpg 

コッパディ小海 一日目のスタート風景

201004112.jpg  車両置き場

まだまだ 沢山の画像がありますので のちほどUPします。

PS. 初参加にて 表彰台に上がりました 詳しくはのちほど!!!

カフェるりはへはこちらからrogo_20100415235532.jpg   

 

いよいよ出発!

いよいよ 八ヶ岳は小海町に向けての 出発の時間が迫ってきました。

ヒストリックカーの祭典 「第20回 コッパディ小海」 初体験!

 

ヘルメット レーシングシューズ ストップウォッチ 

地元チームお揃いのジャケット 1日目の夜のパーティー用のジャケット

デジカメ 地図 腰痛予防のコルセット シャツにパンツ などなど

いままでの車のイベントでは 用意したことが無いようなものばかり!!!

準備している段階から ワクワク ワクワクしっぱなし!

名古屋から自走で長野入りする為 こちらはハラハラ ドキドキ!

どうか無事に楽しんでこれますように!!!

ちなみに 車両は 6ボルト仕様の356。

 

初乗り入れ!

ひるがの高原 寒いながらも雲ひとつない晴天

こんな最高の日に 初めてひるがのに乗ってきました 

My Z4!

ひるがの高原に乗り入れたのは 今日が初めてです。

そして 記念すべき今日

 偶然にも 同じボディーカラーのZ4が 来店されました。

201004081.jpg 

るりはの駐車場で並べて止めたのは初めてです。

幸先がいいかも!!!

お久しぶり!

ひるがの高原 昨日は雪が舞い そして今朝はマイナス5度。

都会では 桜が満開ですが ひるがのはまだまだです。

荘川桜にいたっては 駐車場にまだ雪があり 車がとめれません。

でも るりはの周りは南斜面になっているせいか 雪解けが早いです。

そんなるりはの横の 雪が融けた斜面に 

半年ぶりに やって来ました ニホンカモシカ

201004041.jpg 

久しぶりに元気な姿を見ることが出来ました。

 

ヒストリックカー!

いよいよ 一週間後に迫ってきました。

第20回 コッパディ小海 ヒストリックカーの祭典

初参加の為 不安と期待が入り混じっています。

不安要素は 今から47年前に製造された車で

名古屋から自走して 長野県小海町まで行き

現地でイベントに参戦し そして 自走で名古屋まで帰ってくる事

期待とは 雑誌でしか見たことがない車を

実際に見ることが出来るかも知れないこと などなどです。

なにはともあれ 2日間 しっかりと楽しんでくる予定です。

楽しみ 楽しみ!!!

 

プロフィール

ruriha96

Author:ruriha96
標高920mの高原に
位置する < るりは >
大自然の山々を一望できる
オープンデッキ
さらに見わたせば
すべてが檜のログハウス
夏はデッキで 冬は薪ストーブのある室内で
のんびりと くつろいで頂けます

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ruriha
検索フォーム